【4月25日 レポ&セトリ】Nissy『Nissy Entertainment "5th Anniversary" BEST DOME TOUR in東京ドーム』

f:id:kou446:20190505192602j:image

4月25日、そう、この日はNissyの5th Anniversary TourのFinal公演です!

前回の與さんのソロライブ以来、この1ヶ月間は、これを糧に生きてきました!

Nissyとしての5年間が全て詰まったNissyらしい演出のライブでした!!

踊り、叫んだりする一方で、しんみりとその曲の中に溶け込まれるようだったりと感情を揺さぶられる圧巻のステージでした。

今回はそんな素晴らしかった東京ドーム公演 Finalについてのレポを書いていきます!

 

※ 注意

この記事にはネタバレを含みます。

まだライブ内容を知りたくない方はこの先を閲覧することをご遠慮下さい。

また、まだ追加公演もありますし、トラブルを避けるため、当記事で知った情報をSNSなどにアップすることはお控え下さい。

また、ライブ時の記憶を基に書いていますので、もしかしたら所々、誤りがある可能性があります。

その際は、ご指摘ください。

 

 セトリ

 

1.Affinity
2.LOVE GUN
3.まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL
4.SUGAR
5.ワガママ
6.愛Tears
7.Addicted
8.DANCE DANCE DANCE
9.Playing With Fire
10.糸 [中島みゆき]
11.Don’t let me go
12.Double Trouble
13.恋す肌
14.Relax & Chill
15.The Days
16.トリコ
17.17th K・i・s・s
18.ハプニング
19.GIFT
20.Never Stop
21.My Luv
22.どうしようか?

 

ステージ

今回のステージはバックスクリーン側にメインステージと映像画面があって、その先にセンターステージ、そして2方向にサブステージが別れていました。

また、バックネット側に離れステージがあり、センターステージからのムービングステージになっていて、バックステージに移動します。

ステージの演出についてはこの後に順を追って書いていきたいと思います。

下記のブログのイラストが分かりやすかったので、出典させて頂きました。

f:id:kou446:20190426194534j:image

出典:https://search.yahoo.co.jp/amp/s/gamp.ameblo.jp/endroll-ys/entry-12455566497.html%3Fusqp%3Dmq331AQQCAEoAZgBnpa6qP2LweW9AQ%253D%253D

今回のステージを見て、どの方向にも見やすく、ドーム公演ならではのステージだなと思いました。

あとAAAのライブな特に、今回はアリーナのほとんどがプレミアムだったので思うのですが、なんだかんだバックネット席の前列有利すぎない!?

今度はせめてバックネット側に行きたいなと思ったライブでした(笑)

 

1.Affinity

5時か会場入りして席に行くとまあ遠い遠い。

過去一遠くて少しテンションが落ちつつ6時を迎えました。

例ごとく今回も15分くらいからだろうな、なんて思ってたんですよ。

んで、SUGAR?が流れてて、それが終わった瞬間にまだ明かりが消えてない中で映像が流れ始めました!

まだ6時5分ですよ!?今回どうしたの??

んでオープニングの映像が流れ始めます。

ストーリー展開はよく分かんなかっんだけど、Nissyがなんか追われてて、んで最終的には東京ドームの屋上で敵と対面します。

とりあえずその時に「Nissy」と出るので叫んどきました(笑)

んで敵の奥にはエレベーターがあって、今回のライブはこのエレベーターがキーとなりよく登場します。

敵が「エレベーターにはやつの魔法がかかってる。絶対に乗らせるな」って言うんだけど、Nissyとすれ違うだけで、バタバタ倒れて、エレベーターの鎖も手をかざすだけで解いていきます。(魔法万能過ぎ)

そしてそのハリーポッターに出てきそうな、欧米風のレトロなエレベーターに乗り込んで、No.5のボタンを押して、ライブの幕開けです。

そして1曲目のイントロが流れ始め、テンションぶち上がりですよ!!

個人的に最初は「LOVE GUN」なのかな?って思ってたんですよ!

んで何来るのかな?って思ってたらまさかの新曲でした!

オープニング映像のエレベーターに乗ったNissyがモニターにでかでかと映し出されて1番を歌います。

んでなかなかNissyの本体が現れません。

本人が現れずに1番を歌い上げるとかいう斬新な演出。

もう周りのみんなは「どこ?Nissyどこ?」って困惑。

このままこの曲中は出てこないとかある?

もしかしてこれまだオープニング映像の続き?

とか思ってたらスクリーンが半分に別れてその間からもくもくとスモークを出すエレベーター登場。

だけどスモークのせいでNissyの姿見えず、、、

そして2番の途中くらいでやっとNissyがエレベーターから降りて姿が見え観客大盛り上がり。

衣装は茶色いスーツにもう1枚羽織っており、これが良く似合う。

f:id:kou446:20190429210932j:image

出典:Nissy、東京ドームで見せた“Nissy Entertainment”の集大成!ツアー熱狂の終幕 - 音楽ナタリー

こちらはおそらくLOVE GUNの時の写真。

ライトの影響でスーツがピンクに見えるけど、本当はこれ茶色なんだよ。

Nissyって基本的にスーツなんでも似合うから本当に羨ましい。

その後は椅子に腰掛け歌い、会場のボルテージが

かなりぶち上がってます。

んで、サビ前のクラップ!!!

これドーム全体で揃ってるから気持ちよさ半端ない!!

Nissyも流し目でクラップしていて撃ち抜かれました(まだ1曲目)

 

2.LOVE GUN

はい出た!!

これこれ!待ってました!!

ダンサーを引き連れてNissyがセンターステージへ練り歩きます。

んでNissyからの「手を挙げろ!!」、その瞬間会場が湧くのと同時に、みんな一斉に手をさっと挙げる。

この瞬間身震いするほど、ゾワっとするほどのワクワク。

分かる?このこれからやばいものが始まるこの感覚。

もうこれは日常では味わうことの出来ない特別な瞬間でここである意味やっとNissyのライブに来たんだなと再実感したのです。

そしてついにムービングステージ始動!!

バックステージへ移動して、こっからがすごい。

まずライトがいつも以上にビカビカしていて、いつもとは違うレーザーライトのようなものが特にビカビカしていました。(相変わらずのボキャ貧)

そしてなんと言っても炎がカラフル過ぎ!!

いや、ほんとに赤だけじゃなく、青、緑とか。

炎に囲まれながらNissyとダンサーさんがガンガン踊ってました。

與さんもそうだけどガチで踊る曲が本当に好きでNissyの腰のことも心配だけど、またそのガチ踊りを見たいなと思ってしまいます。


3.まだ君は知らない MY PRETTIEST GIRL

そして流れぶった切りのまさかの君プリ。

いや、ほんとにこの流れとは思わなかったよ。

まあ、全力で踊ったんだけどね!!!!!

んで、まず歌い出しが最高潮。

アカペラで「まだ君は〜知らあ〜なあ〜い、僕の〜、プリティエストガァァァ〜〜〜ル」って歌詞アレンジも加えてでした。

んでMVの最後のNissyが「marry me?」って掲げる場面みたいな花火がブワーって出て、曲始まる前に「花火綺麗だね!」って、Nissy。

f:id:kou446:20190429210813j:image

出典:Nissy、東京ドームで見せた“Nissy Entertainment”の集大成!ツアー熱狂の終幕 - 音楽ナタリー

んでそっからお尻ぷりぷりダンスが始まり、もうNissyの可愛さ爆発だよね!!

もうアップの時の笑顔のあざとさと言ったら、、、

ほんとにああいう32歳になりたい(無理)

この曲の間にバックステージからセンターステージに移動してました。

真下からNissy眺めるってどんななんだろ、、


4.SUGAR

出ました!

Nissyの色気を見れる曲といえばSUGAR!!

分かるよね?分かるよね?

この曲に潜むNissyの色気。

MVでは黒スーツなんだけど、個人的にSUGARは明るめの茶色のイメージで、今回のスーツ見た瞬間、何かイメージのピースがぴったりハマったようでなんだか清々しさを覚えるようでした。

んで、曖昧だけど、最初は低い声でラップ部分からスタート。

次はまた君だから何か明るい系が来ると思ったから、またまた流れぶった切り。

でもその落差もまた良い余韻として残るようでした。

 

映像

ここで1度衣装チェンジです。

内容はNissyがバス停で待ってて、バスが来て乗車、そしてよろけ壁ドンして、ガラガラなのに隣に座ります。

んで、Nissyが「懐かしいね、覚えてる?」って言ってたけどいつ恋なのかな、、?

そこから声出しが始まりました。

「男の子声出せ!」って言ったあと、太い叫び声聞こえて、男ファンやっぱ増えたなって、Nissyが男ファン増えて嬉しいって言ってたけど、男ファンの1人の自分としてもなんだか嬉しい。

んで、その後はこれまでツアーで回ってきた地方のご当地グルメ紹介!

まずは福岡!

突然、白ご飯と明太子出してきて、共食いじゃありませ〜んって言いながら明太子ご飯食べてました。

端から見たらバスの中で明太子食うっていうおかしさ極まりない状況過ぎなんですが、かまわず次は名古屋の小倉トースト!

「今明太子食べてますけど甘いの食べるよ、小倉トースト好きだから」って言いながら小倉トーストを頬張るNissy。

なかなか可愛い。

んでお次は大阪のたこ焼き!

みんなに食べる?みたいに聞いて、あーん、からの自分で食べる。

お決まりですね。

そうこうしてるうちに、、そしてバスは目的地に到着。

Nissyがバスを降ります。

少し歩くとそこは、横浜みなとみらい。

f:id:kou446:20190428124334j:image

こんな感じ(映像では夜で暗かったけど)

コスモクロックがあってインターコンチネンタルがあって、みなとみらいといったらこの景色。

これでピンと来て、鳥肌。

どっかで見たことない?


f:id:kou446:20190428125644p:image

f:id:kou446:20190428125648p:image

出典: Nissy(西島隆弘) / 『ワガママ』【前作「どうしようか?」100万再生突破!今作も全てセルフプロデュース!】 出演者:白羽ゆり - YouTube

この場面。
もう分かるよね?

この場面が映像にも流れて次の曲のイントロが始まりました。

 

5.ワガママ

Aステージにスポットライトが集まり、Nissyは青いシャツを着ていました。

Bメロの「答えのない日々、求めもしないのに」の部分が前回より力強く歌ってて、感情の波が一気に波及していくようでした。

そして最後のサビのアカペラ、天然水のような歌声だったっていう感想見て、ほんとにそうだなって。

すっと抜けてく声だから聞いてて心地いいし、哀しさとかそういうものも入ってきやすくて、危なく泣くとこだったぜ!!!

ほんとにそれくらい感情揺さぶられた。

あと余談だけど、ワガママの時に愛Tearsの演出のための風船を準備してたんだけど、かなり気になりました。

 

6.愛Tears

1回暗転して、んで数秒後にBステージにNissyが移動しててスポットライトが集まる。

んでそこから曲が始まって、噴水がブシャーって吹き出て、イメージ的には富士急のような感じ。

四方八方を噴水に囲まれながら踊るNissyとダンサーさん。

f:id:kou446:20190429211249j:image

出典:Nissy、東京ドームで見せた“Nissy Entertainment”の集大成!ツアー熱狂の終幕 - 音楽ナタリー

んで最後の恒例のサビ溜めるとこあるじゃん?

そこで青く光った風船が浮かび、青いライト相まって幻想的な雰囲気に。

そして曲終わりにメインステージのスクリーンまで何か追われてる風に走って行って、そのスクリーンでは、Nissyがよろけてスクリーン内に入ると同時に連動してAddictedのMVのよろけたNissyが映し出されるような演出がされ、会場は湧いてました。(説明下手くそでごめんね)

そしてそのまま、MVの最後のNissyが裏路地?で倒れる映像が流れます。

そしてカーン、カーンっていう鐘がなり、そこから重低音に乗せてスクリーンの映像が浮き出る感じ。

詳しくは覚えてないけど、波打ってる映像が浮き出て見えてて、おおー!!って叫びつつも、「時代は進化してるな」とか冷静に感嘆してて、なんだろう、年取ったなって思ったよね()

 

7.Addicted

そしてメインステージからだったと思うけどNissy登場。

ダンサーさんが赤スーツでNissyが黒スーツだから見分けやすかった〜。

もうボキャ貧だけど、Addictedのダンスかっこよすぎ!!

んでこの曲の間にドSNissyが垣間見られるのでMなファンにはおすすめですね。

 

映像

Nissyがオープニングと一緒のエレベーターに乗ります。

そしたら、エレベーターが止まってしまい、閉じ込められたので警備の人に連絡を取ります。

N「すいませーん、閉じ込められたので助けてくださーい。」

警「・・・」

N「すいませーん、助けてくださーい。」

警「二回も言わなくても聞こえてますよ」

N「ああ、すみません、閉じ込められたので助けてください」

警「おかしいですねえ、そのエレベーターは関係者以外立ち入り禁止なのですが」

N「自分は関係者です。いっつも使ってるんですけど、覚えてません?」

警「もしかしてNissyさんですか?」

N「ええ、そうですけど、、(照れてる)」

警「ならば私の友人を向かわせますのでそちらの方に助けてもらってください?」

N「え?友人?」

その後は友人(変なおじさんみたいな格好したダンサーさん達)が来てエレベーターを開けてもらった後に連れてかれます。

そんで場面が変わって白い部屋に連れてかれます。

ええ、もちろんNissyも変なおじさんメイクしてます。

いやー、本領発揮具合が凄いよね。

なんの躊躇もない。

そこからその格好で、DDDのみんなで踊る部分の振り付け指導です。

 

8.DANCE DANCE DANCE

DDDの「Here we go shake body」の部分が流れレフト側からバイクが登場。

んで客席でみんな踊る踊る。

やっと踊る曲って楽しいよね!!

曲始まる頃には汗かいたもん。

んで3塁ちょっと手前くらいでバイクの荷台の荷物からイノシシの着ぐるみを着たNissy登場。

いつものオネエ言葉で「みんな踊れてる?」って言いながら着ぐるみで踊るNissy、暑そう。

「いーの、いーの、いーのしし!」

とか言ってて、とてつもなく西島さんだなあとか思ってました。

共感出来る人いるかな?笑

ステージについてNissyはイノシシを脱ぎ脱ぎ、その時の衣装は確か赤のTシャツに黒の細身のズボンだった気がする。

「Dance Dance Dance Dance!!」のとこ言えなかった人のために、「言えなかった人、もう1回チャンスありますよ!せーの!!」

とかみんなが言えるよう配慮があってもうさすが。

チアリーダーがいっぱい出てきたり、Nissyガンガン踊ってるし、これもまたドームならではの人をたくさん、会場を広く使った演出でした。


9.Playing With Fire

f:id:kou446:20190505203247j:image

出典:Nissy(西島隆弘)、初の4大ドームツアー完走「とても幸せです」平成最後の東京ドームライブで“奇跡”の連続に感謝<レポ/セットリスト> - モデルプレス

これもやばかった。

てかゴリゴリのダンス曲ばっかで腰大丈夫なのかな?ってずっと思っててたよ。

んでやっぱこの曲は炎がすごい。

センターステージで踊ってたんだけど、四方八方から炎出てて、プレミアの人熱いだろうなー、とか内心、心配してました。

けどやっぱ炎の中踊るNissyとダンサーさんはやっぱかっこよくて、席遠くて結構Nissy小さいんだけど、それでもダンスがキレキレなのは十分伝わってくる。

いや、この曲やっぱ好きだわ。

曲もいいけど、そこにダンスが加わり、視覚的な要素が加わることで何倍も輝くなって思うパフォーマンスでした。

曲間には、チームNissyのメンバー紹介があり、ダンサーさん達はガンガン踊るし、Nissyもブレイクキメててかっこ良き!

 

MC

ここで一度MCタイム。

まず初めに、全公演ソールドアウトの報告と「皆さんのおかげです。ありがとうございました。」と深々と頭を下げます。

そして、「平成最後の東京ドーム公演を行うアーティストはNissyだそうです。今日、このNissy Entertainmentを選んで、みんなと会えたことが奇跡だと思います。ありがとうございます。」

とまた深々と頭をあげるNissy。

本当にこれだけの人を集めるのはNissyの天性の才能と共にこれまでたくさんの努力を積み重ねてきたからで、そのことを多くのファンが知ってるかと思います。

本当に今日このオーラスの日にライブに来れてよかったなって思ったよ。

ボキャ貧だからあんまり上手く言えないけど、内側から感情の波が全身に打ち付けるような感じでした。

そして待ってました!!

Nissyに歌って欲しい曲ランキングのコーナー!!!!

これ待ってました。

ずばり、ランキングはこちら↓↓↓

  1. 糸   中島みゆき
  2. Love so sweet   嵐
  3. Love Story   安室奈美恵
  4. トリセツ   西野カナ
  5. One Love   嵐

こんな感じでした!!

まず5位の発表の時点でかなり湧いてたね。

One Loveを歌い終わった後に、毎回言ってるらしいんだけど、今回も、嵐のとあるメンバーとメッセージのやり取りをした話をしていました。

「誰かは言わないよ!おれのプライベートだから!!」

って言ってたけど、やっぱ歌番組とかで連絡先交換するのかな?

どのメンバーでもいいんだけど、大宮以外のうちの誰かかななんて予想してました。

そしてこれも毎公演言ってるらしいんだけど、「活動休止予定の方、活動休止の方、引退された方、あなた達は私に何を求めているの!?」

確かにみんなそうだ(笑)

2位のLove so sweetを歌った後に「これだけはやらせてって」って言って、嵐の「A・RA・SHI」をダンス付きで歌ってました。

それぞれサビのみ歌ってたんたんだけど、やっぱオリジナルとは違った良さがあるよね!

Nissyとカラオケ行ったらこんな感じで歌うんだななんて考えてました。

あとトリセツを原キーで歌える男ってすごくない?

普通に驚いたんだけど。

まあI'm proudを原キーで歌うくらいだから出るのは分かってたけど、、、

そして1位の発表です。

「この曲は前回も1位になりましたが、歌いませんでした。けど、今回も1位だったということで歌うことにしました。」とNissy。

椅子に腰掛け、前奏がスタートしました。

 

10.糸 [中島みゆき]

しっとりしてた。

Nissyのしっとり声とぴったりの曲だった。

いやもうこれは是非DVD買って見てほしい。

ほんとに細い糸で布織ってる感じ。

とても繊細だった。

 

11.Don’t let me go

f:id:kou446:20190502004331j:image

出典:Nissy(西島隆弘)、初の4大ドームツアー完走「とても幸せです」平成最後の東京ドームライブで“奇跡”の連続に感謝<レポ/セットリスト> - モデルプレス

この曲が今回1番聞きたかった曲。

まずライトが素敵。

オレンジに包まれてて、その中心にNissyが立ってる。

この光景だけで震えるくらい満たされてるんだけど、歌ってるの聞いて心揺さぶられました(n回目)

あとドンレミのサビって各フレーズの最後が母音が「い」が多いんだけど、そこのキーンとする感じ好きなんだけど分かる????

「もお、きみにいい↑」「は、会えないい↑」

のとこ、すんごい好き。

あと歌詞が哀しいんだけど曲調が悲し過ぎないミディアムバラードがすごい好きでこの曲ドンピシャストライク。

この日からしばらく寝る時のお供はこの曲になりました。

 

映像

例のエレベーターにまた乗って、靴紐を結ぶ時にiPhoneを床に置いちゃって、気付かずそのまま言ってしまいます。

そして、拾った人達にカメラロールを見られて、渡す条件として質問に答えるという条件で届けてもらうっていう映像。

その後3つの質問の中からライトを付けてアンケートを取って選ばれます質問が「ナデナデした事ありますか?その時はどんなこと思ってしますか?」

これが選ばれてガックリきてるNissy。

そして「そりゃあるよ、32歳だよ?どんなこと思ってるかってそんなの、可愛いなあって思ってすること以外あるの??」

そしておおー、ヨシヨシ!!とくしゃくしゃに撫でるNissy。

これは犬を撫でる時とSっ気を出してきました。

そして、んじゃ次の曲行くよと言ってステージ下まで移動して、ステージ下からせりあがって来て次の曲がスタートです。

 

12.Double Trouble

正直、ドンレミに引きづられすぎててあんま覚えてないけど、踊るのすっごい楽しかったです!

 

13.恋す肌

これもガンガン踊った。

去年ちゃんと覚えたんだけど、直前で復習しといたから良かった!!

復習大事!!

んで2番のサビに入るとこで、「タオル回すよ!」って言ってタオル回してたけど、多分初見の人はみんな「え、ここで!?」ってなったと思う。

そして立場が無いKISS&DIVE、、、

来年のセトリでどっちもあってどっちもタオル回したらなかなか熱いな。

 

14.Relax & Chill

これもまたオレンジに染まり、波の音が聞こえてくる。

あー、好きなシチュエーションだと思ってると、オレンジの中心でNissyが歌う。

恋す肌で踊り疲れてたし、ブレイクタイムにとてもちょうど良かったです。

聞き惚れちゃって、正直あんま覚えてないけど、ジーン時たことは覚えてる。

今ライブのエモいで賞優勝候補の1曲でした。

 

15.The Days

ユニバのキャラ勢揃いで豪華すぎてやばい。

他にも音楽隊みたいなのいっぱいいたし、パレードでした。

これも全力でクラップとダンダンやったし超絶楽しいけど、これ来たということはあとちょっとだなって察してたので、朝の目覚ましなる5分前みたいな感覚でした。

一緒に行った友達は、ユニバのキャラの紹介で、Nissyの「ぴいーなっつ!!!!」ってとこが良かったらしい。

ごめん、覚えてなかった、、、

 

16.トリコ

引き続きユニバのキャラもいてのトリコ。

Nissyが傘出して来て一瞬で分かったよね。

ちなみにグッズの傘買った人ってどれくらいいるんだろう。

すごく気になる。

そしてこの曲も全力で踊った。

そして曲中にスクリーンに、Nissyからのメッセージ。

  1. いつも応援してくれてありがとう。
  2. 皆のおかげでここまで来れました 本当にありがとう。
  3. 5年間のNissy Entertainmentは楽しかった?
  4. 辛い時Nissy Entertainmentを見て元気になれますように。
  5. 今日出会えた事に感謝します。これからもよろしくね

 

MVをもじったメッセージで、みんなへの感謝を伝えるメッセージでした。

そして、トリコで本編は終了!!


17.17th K・i・s・s

これ書いてて気付いたんだけど、17番目の曲が17thって偶然かこれ!?

絶対わざとでしょ!!!

これ書いてなきゃ気付かなかったよ!!

あと気付いたことといえば、アンコールの「Nissy」コールに合わせてライトがピカピカしてたのが、スタッフさんの芸が細かさとその技術に勝手に感激していました。

さすがチームNissyだね!

あと、アンコールの時のウェーブもすごかったし綺麗だった。

そしていつもより、アンコールコール時間長いなと思ってたら、レフト側から気球が登場!!

やっぱ今年もだったよ!!

絶対あると思ってた、てかあって欲しいと願ってたから(なぜなら二階席だから)

そしてこれも全力で踊ったよ!!

多分隣の女子高生の子達引いてるくらい全力で踊りましたよ。

そして気球が周るのに合わせて、キャーが近付いてくるの、焦らし系のホラーみたいなドキドキ感あって、こういうので人ってゾワゾワするのかと。

 

18.ハプニング  19.GIFT  20.Never Stop

こっから、3曲をショートバージョンで連チャンでした。

なんだか、懐かしかった。

だってGIFTとか出たの4年前だよ??

時の流れ恐くない??

あの頃まだNissyまだ28歳だよ?

そしておれは高校生。

恐すぎる。

 

MC

この3曲歌った後、MCタイムがあって、「アンコールありがとう!!」といったところで、「THANK YOU NISSY 5th」とライトで文字が浮かび上がります。

それ見てNissyが、「おお?うわ、凄い、綺麗だね〜」って言ってたんで多分スタッフのサプライズなんでしょう。

文字の一部だったんだけど、優越がすごいよね。

そして、「おれのライトも消していいよ」ってNissyが言ったんだけど、スタッフさんが間違えて全部ライト付けちゃって、「いやいや、違くて」と素早い反応でつっこんでいました。

そしてライトが全て消えると、小さな声で、「綺麗だなあ」と。

そして「この感じはなんの曲が合うかな。」と言って、テレパシーをアカペラで歌ってくれました。

けど、サビの後半の歌詞を忘れて、替え歌で誤魔化していました。

そしてライトが着いて、「このライブが出来たのはスタッフさんのお陰です。」とNissy。

改めて腰のことを話したり、デビューして、1st、2nd、そして今回とほぼ同じメンバーで出来て、言葉にしなくても自分のやりたいことを理解してくれるんだと、チームNissyの絆の強さを感じました。

一から何かを創り出すメンバーってやっぱ特別だし、最高のメンバーなんだと思います。

そして、「中2日で京セラからここ東京ドームに全て物を運んで、セット組んでくれて、それってすごいことだよね!!

スタッフさんがいなきゃ、今このステージに立ててないもん!

スタッフさんに大きな拍手を!!」

と言って会場全体から温かい拍手が。

それと同時に、スクリーンには「We ❤ Nissy💋」の文字が。

それにNissyが後ろを見て気付いて、「うわー、やるよねえ、そういうこと。」と言いつつ、恥ずかしそうだげど、やっぱり嬉しそう。

微笑ましいかったな。

あとこの時だったかは忘れたけど、「平成最後の東京ドーム公演は、このNissyなんだそうです!東京ドームでライブすること自体凄いけど、こうして東京ドームを押さえれられて、そして皆さんが今日こさのこ日のチケットを手にして、NissyのEntertainmentを一緒に創れたことは本当に奇跡だと思います。ありがとうございます!」と深々と頭を下げます。

東京ドームを押さえた時には平成がいつ終わるかは分かってなくて、たまたまだそうです。

本当にいくつかの巡り合わせが重なり、4月25日のオーラスに行けたことは確かに奇跡なんだと思います。

 

21.My Luv

ああ、これで最後なんだなと思うと、満足感もありつつ、残念な気持ちで複雑でした。

Nissyが「みんなも歌って!!」と言い、5万人で大合唱。

そしてNissyは、歌いやすいよう、低いキーで歌っていて、あなたは思いやりの塊か!!

そしてスクリーンには、これまで5年間の活動の様子が流れます。

最初は、あんまりソロ活動を事務所側が良しとしなくて、それでも企画書持ち込んだりして、やっとドームでのライブ。

たくさんの努力をしてることをファンのみんなは知ってるからとっても感慨深い。

本当に努力が形になって良かったなって思う。

そしてついに終わりの時。

いやあ、最高だった、その一言に尽きる。

今日はよく寝れそうだとか思ってたら、ステージ下のNissyの映像が流れました。

「みんな今日はありがとう。気を付けて帰ってね!!」

とNissyが言うと、客席から「やだーー!!」と言う声がたくさん。

「んじゃどうするの?ほら、早く帰りなよ!!」

「だからどうするの?んじゃおれが帰る!!帰らないよ、みんなより先に帰れないよ」

「んじゃこの後、どうしようか?」って言ったところでみんな盛り上がって、「おれまだどうしようか?しか言ってないから」

ここでみんなニヤニヤ。Nissyもニヤニヤ。

そんなやり取りをした後、特攻と共に「BESTなんで、こいつも歌わせてください!!」と言ってNissy登場。周り絶叫。

まさかのダブルアンコールで始まりの曲「どうしようか?」のスタートです。

 

22.どうしようか?

スクリーンには、a-nation、1st、2nd、そして5thと4つの映像が同時に流れていました。

そして同じ構図で撮られてるんですよ全て。

最初から全てを決めてた5年間のように感じられ、Nissyの演出力に驚きました。

この5年間はこの曲から始まったんだなって。

そしてNissyとってドームがゴールなのか通過点なのかは分かりませんが、今後も何かEntertainmentを創り上げてくれるでしょう。

その時には、また参加したいなと思うような今回のライブでした。

 

まとめ

終わったあとは、清々しさを覚えました。

緻密に創り上げられたEntertainmentを最高の役者が演じ、それを待ち望んだファンが見る。

Nissyの良さが詰まった、最高の時間でした。

Nissyの腰のこともあるし、今後どうなるかは分かりません。

ですが、Nissyの思い描くEntertainmentをずっと応援していきたいと思います。