福岡タワーのアクセス、チケット料金や割引、待ち時間、展望台からの景色を紹介!

f:id:kou446:20190307140015j:image

こちらに「YoLog.com」の旅行に関する観光、グルメ、ホテルについての記事をまとめています↓↓↓

kou446.hatenablog.com

 

先日、3泊4日で長崎・福岡を巡る旅行に行ってきました。

その3日目、4日目には九州の首都である「福岡市」にて観光しました。

実は、僕はけっこう夜景が好きでして、旅行先で夜景スポットがあれば可能な限りプランに盛り込むようにしています。

なのでことりっぷで福岡の情報を見てて福岡タワーを見つけ、ここは絶対行こうと思い、満を持して福岡タワーに行ってきたわけです。

 

博多駅から福岡タワーへのアクセス

 

博多駅から福岡タワーへ行く方法は2通りあります。

 

1,博多駅で地下鉄空港線に乗る→西新駅で降りる→20分くらい歩く→到着

 

2,博多駅で福岡タワー行の西鉄バスに乗る→福岡タワーで降りる→3分くらい歩く→到着


f:id:kou446:20190306215821p:image

f:id:kou446:20190306215826p:image

(それぞれ平日の18:00出発の場合)

の2つです。

どちらも大体30分くらいで着きます。

と言っても見ての通り、1の手段だと20分も歩きます。

20分ですよ?

距離的には1.6kmです。

自分は絶対歩きたくないです。

なので2の西鉄バスに乗る手段で行きましょう。

 

福岡タワーに到着!待ち時間がやばい、、

f:id:kou446:20190306223443j:image

西鉄バスに乗り、福岡タワーに到着しました。

遠くからでも目立つその建物は、行った日がバレンタインデーだったのでハートのイルミネーションをしていました。

この写真だと半分しか見えないけど。

外観を楽しんだ後は中に入ります。

この時まで、平日の夜だしそんな並ばずにすぐに夜景を見れるだろうなと思っていました。

 

この時までは。

 

そう、中に入って目にしたのはチケットを買う人の長蛇の列。

待ち時間は大体1時間くらいでした

まずチケットを買うのに40分かかりました。

そしてその後、展望台行きのエレベーターに乗るまで20分。

想定外過ぎなんだが? 

f:id:kou446:20190306230124j:image

この写真は帰る時の21:00頃に撮ったので空いてますが、19:00時頃は手前まで並んでいました。

こんなに並んでいた理由としては、

 

  • バレンタインデーだった
  • 中国の春節と被ってて、中国人が多かった

 

だと思います。

中国人、日本に来すぎじゃねえか、、、

見た感じ列に並んでるの日本人より外国人の方が圧倒的に多かったぞ、、

この日は特殊な日だったので、恐らく通常の平日であれば1時間も待たないと思います。

 

やっとチケットを購入!並びたくない方は前売り券を買おう!

f:id:kou446:20190306230328j:image

チケットの料金は、1枚につき、

  • 大人(高校生以上)/800円
  • 小・中学生/500円
  • 幼児(4歳児以上)/200円
  • 高齢者(65歳以上)/500円

でした。

展望台の料金としては平均くらいですかね?

また、僕は知らなかったので1時間も並びましたが、

Voyagin(楽天グループ会社)で福岡タワーの前売り券を通常料金より安く購入することが出来ます。

値段は、616円と通常料金より23%offで買うことが出来ます。

並ぶ時間が減り、料金も安いので一石二鳥です。

行く前に知りたかったああああ

これから行く方はこちらでチケットを購入してからがいいと思います。

他にもいくつか割引になる方法はありますが、こちらが一番割引率が高いです。

※ 観光客向けなのか英語で説明が書かれているのでよく読んでから買いましょう。

www.govoyagin.com

 

他にもチケットが無料や割引になる方法があります。

詳しくはこちらをご覧下さい↓↓↓

www.fukuokatower.co.jp

 

いざ展望台へ!

f:id:kou446:20190307115958j:image

エレベーター直前でもこんなに並んでいます。

やっと乗れると思って曲がり角曲がったらまだ列あるんですよ。

まだあんのか!

と言葉に出てしまうほどには、うんざりしていました。

やっとの思いでエレベーターに乗り、展望台へ向かいます。

外観を見たら分かると思うのですが、ガラス張りになっているので、エレベーターに乗りながら外の景色を見ることが出来ます。

 

展望台を乗ってると添乗員さんが色々と説明してくれるのですが、中国語?韓国語?でも説明していました。

この添乗員さん以外にも多くのスタッフがそれらの言語を流暢に話していたので、どれほど現在の福岡が中国人観光客が多いのかが想像出来ました。

やっぱ近いからですかね?

韓国なんて目と鼻の先ですしね。

というような事を考えてたら1分ほどで展望台に到着しました。

 

大都市「福岡」の夜景とインスタ映えスポット

f:id:kou446:20190307123240j:image

ついに夜景とのご対面です。

長かったあ、、、

そして、待ちに待った夜景はこんな感じ↓↓↓

f:id:kou446:20190307123658j:image

こちらは博多駅方面の夜景です。

左奥のヒルトン・シーホークが存在感を発揮しています。

そして福岡と言えば、この建物の高さが揃ってる景色。

個人的に結構好きです。

ですが、もしかしたら天神ビックバンの影響で、この夜景は数年後には見られなくなるでしょう。

その時は高層ビルも交えた、現在とはまた一味違った夜景になるのでしょうが、どこの都市にも似た景色になるのではと思います。

ただ、全く一緒になるわけではなく、福岡の夜景は綺麗なことには変わりはないので、行った際は、福岡タワーを訪れて見てください!

 

展望台を一周していると長い列が出来ていました。

その先を辿ると、下はキラキラした石が引かれた撮影スポットがありました。

f:id:kou446:20190307141847j:image

出典:展望室(123m)|福岡タワー公式サイト[スマホ版]

これは確かに映えそうです。

ここでモデルのように華麗にポーズを決めて撮ってる方がたくさんいました。

待ち時間は20分くらいでしょうか?

ここ目当てで行く方は、それなりに並ぶことを覚悟した方がいいと思います。

 

実は、福岡タワーは恋人の聖地

展望台には、夜景をバックにハートのモニュメントの中で写真撮影出来るスポットがあります。

公式HPではこのような写真と紹介がされています↓↓↓

f:id:kou446:20190307142835p:image

福岡タワー展望室には、誓いのフェンスに福岡タワーオリジナルの「愛鍵」をロックすると永遠に結ばれるという伝説があるのをご存じですか? 「愛鍵」には二人の名前や日付、メッセージを書くことができ、毎日たくさんのカップルが訪れます。

出典:展望室(123m)|福岡タワー公式サイト[スマホ版]

これまた、結構並んでいました。

バレンタインデーだったので、カップルがたくさんいたからでしょう。

これは行くまで知らなかったのですが、せっかくなので撮ってきました。

f:id:kou446:20190307143503j:image

(恥ずかしいので加工しました)

撮ってみての感想は、

撮られてる時、なかなか恥ずかしい

けど福岡に旅行に来た、いい思い出になるかと思います。

少し恥ずかしいですが、思い出のために撮っておきましょう。

 

福岡タワーは、夜だけでなく昼もおすすめ! 

地上123mにある最上階の展望室からは、福岡の街並みや博多湾などの景色を360度の大パノラマで一望できます。東には博多駅や天神といった九州一の繁華街、西にはヨットハーバーや海浜公園といったウォーターフロントが広がり、南側からはアジア都市景観賞を受賞した街並みと彼方に緑豊かな脊振山地を一望。
北に面する博多湾の先には空と海がとけあう水平線が見渡せ、地上からでは味わえない開放感に浸ることができます。

出典:展望室(123m)|福岡タワー公式サイト[スマホ版]

公式HPではこのように説明会があります。

夜景だけでなく、昼でも福岡の街・山・海を一望することが出来ます。

昼はそんなに列が出来てなかったので、夜景にそこまで興味ないけど、福岡タワーに行きたい方は昼に行くことをおすすめします!

ほんと、1時間並ぶのしんどいんで、、

 

まとめ

福岡のシンボリックな存在である福岡タワー。

並ぶのはしんどかったですが、夜景を見た時には、並んででも見れて良かったなと思いました。

福岡に旅行に行った際は是非訪れて見てください。

 

福岡タワーの基本情報

住所:福岡県福岡市早良区百道浜2-3-26

お問い合わせ先:092-823-0234

営業時間:9:30~22:00(最終入館 21:30)

駐車場:あり(福岡タワー内で1000円以上のご利用で2時間まで無料)

マップ:下記