「ホテル イル・パラツォ」宿泊レポ!福岡での宿泊は日本初のデザイナーズホテルで!

こちらに「YoLog.com」の旅行に関する観光、グルメ、ホテルについての記事をまとめています↓↓↓

kou446.hatenablog.com

  

2月の半ばに九州旅行に行ってきました。

初めての九州上陸です!

九州はほんとに良いとこでした。

そして博多に泊まった際、宿泊したのが今回紹介する「ホテル・イルパラツォ」です。

 

ホテル・イルパラツォとはどんなホテル?

ホテル イル・パラツォは、平成元年(1989年)に20世紀を代表する建築家であるイタリアの巨匠、アルド・ロッシ氏が日本で初めて手がけた建築物であり、日本初のデザイナーズホテルでもあります。

このホテルの名前、「イル・パラツォ」=「宮殿」という意味です。

またコンセプトは、「プライベート空間」であり、宿泊客がホテルという空間ながらプライベート空間を味わうためプライバシーに配慮した造りになっている。

他にもこのホテルが受賞したものとして

  • アメリカ建築家協会(AIA)からアメリカ国外の建築物として初めてAIA名誉賞を受賞(1991年)
  • 日本に8施設のみである「スモール・ラグジュアリー・オブ・ザ・ワールド」に加盟
  • 福岡市都市景観賞を受賞(1991年)

が挙げられます。

国内外から高く評価されているホテルなのです。

また後述しますが、このホテルの朝食は様々な賞を取っており、こちらも高い評価を得ています。

ホテルの入口にも評価の証である盾が飾られています。

宿泊される際は、朝食を付けるべきだと思います。


f:id:kou446:20190224160500j:image

f:id:kou446:20190224160456j:image

 

ホテル イル・パラッツォの日本一に輝いた朝食に関する記事はこちら

kou446.hatenablog.com

 

日本初のデザイナーズホテルは福岡にあった

f:id:kou446:20190223150935j:image

こちらがホテルの外観です。

窓がないという斬新なデザイン。

何となく重々しいというか重厚感がありますね。

なんだかボス部屋のようです。

初見ではホテルだと気付かなそうなほどです。

f:id:kou446:20190224121159j:image

ちなみに夜はライトアップされており、その重々しさが際立っています。

 

内装はモダンで独特

f:id:kou446:20190224121102j:image

その外装からはこじんまりした入口からいざ潜入です。

f:id:kou446:20190224121325j:image

入った瞬間思ったことは、「ん?」です。

なぜなら、この廊下の突き当たりが鏡になっててかなり広く感じたし、廊下が一本続いているように見えたし、

なにより入った瞬間にフロントが見つからない。

フロントが無い全く新しいタイプのホテルなのかと思いましたよ。

けどご安心を。

廊下の左側にちゃんとフロントはありました。

f:id:kou446:20190224135159j:image

全体的に黒を基調としたモノトーンで、この空間だけは色が奪い取られたかのようです。

そして興味深かったのは、ホテルのフロントの方がスーツでなく、Tシャツにジャケット、下はジーンズだったのです。

こんな格好です。↓↓↓

f:id:kou446:20190224155257j:image

ホテルマン=スーツのいう固定観念があったので、ステレオタイプに囚われず、とても革新的だと感じました。

 


f:id:kou446:20190224141221j:image

f:id:kou446:20190224141351j:image

エレベーターで客室がある階まで行きます。

もちろん廊下もモノトーンです。

上述した通り、廊下は暗く他人の視線を和らげることでプライベート空間を尊重しています。

廊下がこんなに暗いホテルはなかなかないでしょう。

なので廊下を歩くだけで特別感があります。

 

ラグジュアリーが散りばめられた客室

f:id:kou446:20190224153517j:image

(部屋の全体像)

f:id:kou446:20190224153829j:image

(ベッド)


f:id:kou446:20190224213233j:image

f:id:kou446:20190224213240j:image

(ベッドの枕周り)


f:id:kou446:20190224155751j:image

f:id:kou446:20190224155755j:image

(お風呂)

f:id:kou446:20190224213026j:image

(シャンプー類)

 

ざっとこんな感じのお部屋。

とても赤が映えます。

そしてなんとお風呂がガラス張り。

ベッドからお風呂シーンが丸見えなのです。

しかしご安心を、

ちゃんとシャッターがあり、見えないようにも出来ます。

 

細やかなデザインとこだわり

部屋にはおしゃれなデザインとこだわりが感じられます。

まずはこのガラス棚

f:id:kou446:20190224175218j:image

そして洗面台

このグラスを使って旅行先で1杯。

いいですね。

旅行ならではの非日常の味わい方です。

f:id:kou446:20190224165505j:image

そして洗面台。

シンプルですね。

モノトーンで洗練された印象を受けます。

鏡も大きく、とても使いやすいです。


f:id:kou446:20190224165730j:image

f:id:kou446:20190224165726j:image

こちらが両サイドのアメニティです。

アメニティは

  • タオル類
  • ドライヤー
  • 髭剃り
  • 耳かき
  • クシ
  • 歯ブラシ
  • コップ
  • ヘアゴム
  • コットン

がありました。

そして一番発見した時に感嘆しました工夫はこちらです。


f:id:kou446:20190224175944j:image

f:id:kou446:20190224175940j:image

これは同じ地点から撮ったものです。

そう、上手い具合にクローゼットが収納され、扉も邪魔にならないよう工夫されています。

 

ホテル イル・パラッツォの基本情報

住所:福岡県福岡市中央区春吉3-13-1

TEL:092-716-3333

チェックイン:15:00~

チェックアウト:~11:00

駐車場:あり(20台)

アクセス:福岡空港から→福岡地下鉄空港線中洲川端駅(1番出口より徒歩8分)
JR博多駅から→博多駅交通センターより西鉄バス南新地バス停(徒歩5分)

マップ:下記