日常は移り変わる

f:id:kou446:20190118224321j:image

この間の年末年始に実家に帰省した。

夏ぶりの帰省だったから、荷造りをしている時はわずかながら旅行に行くような、そんな風に感じていた。

いつから実家に行くのを旅行に行くような、ちょっとしたワクワク感を携えながら帰るようになったのだろう。

いつから実家に帰ることが非日常になったのだろう。

気付けば大学一年生で初めて一人暮らしをして、4月中はまだ実家での生活が日常であった。

けどいつからだろう。

日常が侵食されていた。

一人暮らしという寂しさに慣れ、完全にこれまでとは別物になっていた。

そう、大学近くのアパートに住む生活、こっちが日常になったのである。

日常は移り変わる。

きれいさっぱり、全てを覆して、一度移り変わるともうあの頃の感覚を思い出せない。

あの当たり前だと思ってた感覚。

暑い夏に冬を想うような、甘いものを食べた後にしょっぱいものを食べたくなるような、そんなないものねだりをして明日も日常をこなしていくのだろう。